かんざえもんのひとりごと

FPであるかんざえもんが仕事×音楽○にかかわることを中心に感じたことを書いてます。
何かのお役に立つ、かもしれません。





空き家撤去へ税制改正

8月2日の日本経済新聞一面右下にこんな見出しの記事が掲載されていました。現行では住宅が建つ土地の固定資産税は軽減されていますが、空き家に関してはそれを見直す方向で検討が進められるというものです。

2013年時点での全国の空き家は820万戸で住宅全体の13.5%となっていますが、なかには老朽化が著しいのに放置されている住宅も見受けられます。隣家に倒れ掛かりそうで危ないという場合だけではなく、火災が発生したり犯罪の温床になる可能性もあることから影響は広範囲に及ぶため独自の条例を制定する自治体もあります。老朽化した空き家であっても撤去すると固定資産税が軽減されなくなることから放置する所有者もいるため、2015年に税制面からも空き家の管理強化や更地化を推進していこうということのようです。

当地(高岡)もそうですが、特に地方都市においては市街地の空き家対策は大きな課題となっていますし、農業の後継者問題から郊外の農家であっても空き家が増加して行く現実があります。限界集落どころか、夕張市を例に出すまでもなく自治体自体が限界になりそうなところも出てきています。アベノミクスもいいですが、日本の将来に向けたグランドデザインを示すのも政治の大きな役目ではないでしょうか。

大きな課題はそれとして、空き家であっても適正に管理されていればいいはずです。目先の問題として空き家の管理や賃貸・売却等を考える必要がある場合には、私にご相談ください。
posted by かんざえもん 10:50comments(0)|-|





今日のヤフーニュース(朝日新聞)で

自殺物件、入居者に説明せず契約2件 福岡でアパマン

という見出しの記事がありました。これは入居者からしたら厳しいですよね。ふつうはわかっていたら契約しなかったということになるはずですから、重説(重要事項説明)の時に言ってもらうべきものです。今まで知らないうちは平気に住んでたじゃん!ということにはなりません。仲介する側からしても知ってて言わないのは最悪ですが、重説から漏れてもアホですしもし契約時点で知らされていなかったとしたらこれは教えておいてくれよと思います。隣近所は自殺ではなく不慮の事故だったとしても覚えていますし、そんなに時間が経っていなければなおさらで、誰かから聞かされて必ず入居者の耳に入ります。

今回は大手の業者でしたが、システムが良くても情報が入力されていなければ何にもなりません。結局はオペレーションというか人の問題になってきます。FC店での話だったんでしょうかね?。まれにこういう事故物件でも気せずに入居する猛者もいるようですが、それは事故が理由で家賃が安くなるからであって決して重説をしなくていいわけではありません。

ところで前職で入居者が自殺をした後の借主側のフォローをしたことがありますが、いろいろな後始末の手配、畳やクロスなどの内装のやり替え、一定期間の空室補償等々、貸主側にとっても借主側においても心理的・経済的な負担は相当大きくなります。周りにも多大な迷惑を及ぼしますので決して自殺などしてはいけません。でもそんなことなど考えられなくなっているからこそ自殺しちゃうんでしょうね。もちろん鉄道自殺も論外です。先週YouTubeに電車に接触するナマの人身事故がアップされましたが、公開の是非について賛否が分かれていたようです。あえて見たい人は自分で探してください。

日本の若者の死因のトップは自殺(発生率は先進国中トップ)というニュースも最近ありましたが、どうしたもんでしょうか。うーん、だんだん話が大きくなって逸れていくのでこのあたりでやめときます。
posted by かんざえもん 17:51comments(0)|-|