かんざえもんのひとりごと

FPであるかんざえもんが仕事・音楽・鉄道・地元のことを中心に感じたことを書いてます。
何かのお役に立つ、かもしれません。


<< 北陸新幹線狂騒曲、高岡編(その3) | main | 相続はFPに相談しよう >>



お・も・い・や・り相続

JUGEMテーマ:相続
先日、地元で開催された不動産の日市民セミナーで、このお題での講演がありました。私にとってはFPという立場でも不動産業という立場でもますます重要性が高まっていく最大の課題と言ってもいいものです。

相続の相談を誰にするか?と聞かれると、弁護士や税理士などの専門家だったり銀行などの金融機関を思い浮かべるのではないでしょうか。揉めてしまったら弁護士、節税や申告については税理士、登記は司法書士、管理が必要ならば信託銀行と大まかにはこんなところでしょうか。しかし資格を持った専門家と言っても、実務に長けているかどうかはしっかり判断する必要があるようです。またこれらの専門家に頼みに行くときは、コトが起こってから初めて相談に行く場合も多いようです。

来年から(H27.1.1以降)相続税の基礎控除額が引き下げられ、税金を払わなければならない相続案件は増加します。相続する段になって節税しようとしても手遅れになってしまいます。また、生前から相続人とあるいは相続人同士でコミュニケーションをとっておかないと感情面で納得できずに揉める場合が多いものです。財産が少ない場合でも揉めることは結構あります。「うちの子供たちは仲が良いし大丈夫」と思っていたら、親の相続で絶縁状態になんてこともあります。

いわゆる「終活」に関する本はたくさん出ていますし、逆に終活なんか必要ないという立場もあります。相続について何がしかの意思を子供に伝えたいとお考えであれば、中途半端な形ではなくそれなりの対応を取っていく必要があるようです。
posted by かんざえもん 14:40comments(0)|-|


この記事に対するコメント