かんざえもんのひとりごと

FPであるかんざえもんが仕事×音楽○にかかわることを中心に感じたことを書いてます。
何かのお役に立つ、かもしれません。


<< FPフォーラム 2014 in 富山 | main | ブログとフェイスブック >>



住宅ローンの落とし穴

マイホームを持ちたいと思ったら、まず何から始めれば良いでしょうか。一戸建てかマンションか、間取りはどうか、周辺環境はどんなところなどなど、いろいろ考えると楽しいですね。でも、やはり一番考えなければならないのは取得資金をどう調達するかなんです。すでに全額をキャッシュで払えるほどお金を貯めている人や、大部分を親が面倒見てくれるという方はほとんどいないと思います。そうなると住宅ローンを活用していかなければマイホームが手に入らないということになります。住宅ローンは多額の借金をすることになるわけですから、当然慎重に考えなければなりません。

しかし先に住宅展示場や分譲地を見に行ったり、住宅メーカーのモデルハウスを見に行ってしまうと業者のペースに巻き込まれてしまい、お金のことをしっかり考える余裕がなくなってしまいがちになります。例えば希望をどんどん盛り込んで借入可能額目一杯借りてしまったため、日々の生活の収入と支出のバランスが崩れてしまい住宅ローンの返済が滞ってせっかくのマイホームを手放す羽目になってしまう、なんてこともあります。

マイホーム取得をお考えのかたは、まずご家庭の将来(ライフプラン)を考えていただくことをおすすめします。自分や家族のこれからの収入や支出を見通して、そのうえで住宅ローンがどれだけの負担なら無理なくやっていけるのかを考えていくことはとても重要です。マイホームは持つことが目的ではありません。そこで幸せに暮らしていくことが目的なんです。

ライフプランを考えるに当たっては、FP(ファイナンシャルプランナー)を活用してください。私もFPとしてお役に立てますので、富山県西部(呉西)の方は、ぜひご相談ください。
下記HPのお問い合わせフォームから、「住宅ローンの相談をしたい」と記入して送信してください。

オフィスかんざい
posted by かんざえもん 17:29comments(0)|-|


この記事に対するコメント