かんざえもんのひとりごと

FPであるかんざえもんが仕事×音楽○にかかわることを中心に感じたことを書いてます。
何かのお役に立つ、かもしれません。


<< 「地政学」とMTV | main | 当時の外国人がイメージした30年前の日本(の一断面) >>



田舎の子どもは電車に乗れない?

JUGEMテーマ:鉄道
YAHOOニュースになかなか趣深いネタが載っていたので、思うところを書いてみようと。
この記事です。

修学旅行生21人、ホームに取り残される


見出しを見て一瞬何か大事か!と思いましたが、全くたわいもない内容でした。状況からして、駅員と車掌が悪いのは当然です。乗車確認がユルいですし(修学旅行生がこの電車に乗ることは当然知っていたはず)、発車後でもホームに人が残っていることがわかった時点で停めることもできたはずですから。

一方でたかだか33人の生徒を電車に乗せられない(捌けない)引率教師って情けなくないですか?。また今回は旅行会社の添乗員はつけなかったのでしょうか(居たのなら何をしていたの。そこが添乗員の一番の仕事じゃねーか!)。そのあたりを考慮すると学校側を被害者として同情できるかというと、私にはできません。

一生に一度の修学旅行だから云々というコメントがありますが、一生に一度の場面でしくじることも人生ありうるわけで、そこを教訓として伝えることも教育の一つだと思うのですが・・・。まあ自分たちの不手際を教訓にすると保護者から突っ込まれるので、これ幸いと全部JRにおっかぶせておこうというふうに思えてしまうのは、私がひねくれている(プラス鉄ちゃんである)からでしょうね。きっと。
 
posted by かんざえもん 18:23comments(0)|-|


この記事に対するコメント