城端線・氷見線のLRT化検討報道がありました(その4)

  • 2020.02.05 Wednesday
  • 17:23

JUGEMテーマ:鉄道

この問題については、JR西日本の方からLRT化の話を持ってきたという流れで報道されています。JR西日本ではここのほかにも岡山県の吉備線(岡山駅ー総社駅 20.4km)でもLRT化することで岡山市・総社市との間で合意されているようです。吉備線も新幹線駅に繋がる単線非電化路線なので状況は似てるようにも見えますが、向こうは県庁所在地で政令指定都市だし吉備線の営業係数は242.7なので同じ赤字路線ですけどこっちよりは全然状況はマシののような気がします。

 

さて結局どうなりそうかということなんですが、観光に重点を置くのかそこに住んでいる人に重点を置くのか、自治体の考え方や財政状況だったりJR西日本の思惑がどうかとかいろいろ考えるとまとまりがなくなるので、当初の立ち位置に従い鉄道マニアであるワタクシが現在の城端線・氷見線の路線はそのまま維持するという前提で考えるところを述べてみたいと思います。

 

そもそもJR西日本がLRTを運行する意思があるかどうかは甚だ疑わしいと思っています。子会社を作ってやる可能性もありますが、その際には地元自治体にも出資を募ると思いますので限りなく第三セクターに近い運営になると思われます。そうなるとすでにあいの風とやま鉄道があるわけですから、今の流れではあいの風が運営主体となるのが自然ではないかと考えます。

 

次にLRT化するのが妥当かというと新高岡駅と高岡駅の間だけなら可能性はあると思いますが、城端線・氷見線全部をLRT化するのは難しいのではないでしょうか。新たに全線を電化してLRT車両を走らせるという投資が将来的にも収益性以外の部分を考えても見合うのかどうなのか?LRT化により運転本数は増やせますが一列車の定員は少なくなりますし、新たな電車の購入費用や運転士の増員、電化によるコスト等がネックになると思います。

 

もう一つの課題である城端線・氷見線の直通化についてですが、これは先にも述べたようにやる気と誰が費用負担を受けるかが決められればできることです。運用上の負担がかかるのはJR西日本よりもあいの風とやま鉄道なので、富山駅の高架化事業が終れば高岡に手を付けてくれるかもくらいのといったところでしょうか。ただし直通化のメリットがあるという前提で動いてもらわないといけません。

 

以上のことから現時点でのワタクシの結論は・・・

‐訝疾・氷見線の運行はJR西日本からあいの風とやま鉄道に移管

■味劭垈修呂笋蕕覆ぁ焚誉を張る電化はしない)

車両は蓄電池駆動電車をJR西日本から置き土産として造ってもらう

つ渉眠修筍味劭塋造澆留森埒確保や途中駅の新設はあいの風とやま鉄道の判断次第

ニ葉線は直通化も含めて城端線・氷見線とつながることはない

となりました。

今まで書いてない蓄電池駆動電車って何?とか、結論の内容でご意見もあろうかと思います。それらはブログやFBのコメント欄に書き込みをいただければお答えしていきたいと思います。ということで、このシリーズは終了といたします。お付き合いいただきありがとうございました。

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM